2005年03月23日

第二次世界大戦の映像 『NHK 映像の世紀』

小学校で、第二次世界大戦のことをずっと
教えられてきた。6年生のときの学習旅行は沖縄。
沖縄での地上戦の話をずいぶんきいた。
人骨がいまでものこっているガマの中にはいって、
ここで人が集団自決したという話をきいた。

そのせいか、なぜか第二次世界大戦のことをTVで
やっていると、、心が奪われてしまう。
怖いけど、、観なきゃっておもうのかもしれない。
夏の夜中NHKで『映像の世紀』の再放送をやっていた。
ものすごくリアルな映像は、、ゾッとするけど
なんだか、惹かれる。
広島の原爆の映像とかものすごい恐ろしい映像な
はずなんだとわかっているけど、、なんだか心に残る。
自分が駄目な人のような気がする。

どちらにしても、第二次大戦の悲劇は私たちが忘れた
繰り返される。忘れなくてもアメリカは戦争をしたがる。
なんか、、戦争はいやだ。
どんな理由をつけても、、戦争では人は人でなくなっていって、、
残酷なことがいっぱい起こる。
殺されるかもしれないっていう状況だから、、人格がおかしくなっても
当たり前なきさえする。
だから、やっぱり戦争自体おこしちゃいけないと思う。

映像の世紀 世界は地獄を見た
映像の世紀 ヒトラーの野望
映像の世紀 大量殺戮の完成
映像の世紀 民族の悲劇果てしなく
映像の世紀 それはマンハッタンから始まった
映像の世紀 JAPAN
映像の世紀 ベトナムの衝撃
映像の世紀 恐怖の中の平和
映像の世紀 独立の旗の下に
映像の世紀 勝者の世界分割
映像の世紀 20世紀の幕開け
各6,420 円

http://www.mujicajapan.co.jp/nhkdvdeizou2.htm
posted by こまめ at 23:06| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | TV、ドラマ、マンガ、書籍、映画の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。