2005年05月08日

小説: 唯川恵 『愛しても届かない』

【楽天ブックス】愛しても届かない
457 円

彼氏がいて普通に幸せな主人公が、、
付き合いで行った合コンで一目ぼれしてしまい、、
その彼女と親友になってしまうお話。

どうしても好きになってしまって、
どうしようもなくて いろんなトラブルを作ったりしてしまう。


なんだか、結婚して5年くらいたってて、
いままでそんな複雑な恋愛とかしたことないけど、、
人を好きになるって、、、そういえば、どうしようもないことかも
ってちょっと思い出してしまうお話。

女の怖さ、、、(たぶん、女自身が一番、、怖いと思ってるだろうな)

男の人ってそういうので引いてしまうかもだけど、、、

どうなのよ??引くって、、、、好きになって
嫉妬とか自分自身でもどうしたらいいのかわからない感情を
抱えてるときに、、
男の人に「がっかり」とか言われると、、

そういう感情って男の人にはわからないのかな??
やっぱりどうしようもないくらい男の心と女の心にはギャップがあるのかな??
なんて思ってしまいます。
posted by こまめ at 21:57| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(1) | TV、ドラマ、マンガ、書籍、映画の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
気持ち、わかりますm(__)m
Posted by mimiko at 2005年05月11日 11:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3514971

この記事へのトラックバック

今日の一冊:唯川恵『愛しても届かない』
Excerpt: 今日の一冊:唯川恵『愛しても届かない』集英社文庫、2001年 「『恋』という魔物にとりつかれた女は、ときに、自分自身でも思いがけないことをしてしまう。七々子の場合がそうだった。好きになった彼にはすで..
Weblog: mimiko
Tracked: 2005-05-11 11:13
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。