2005年08月07日

広島原爆

終戦(?)60年ということでか、
夏恒例か、、最近 第2次世界大戦について
取り扱っているTV番組が多い。
広島の原爆をCGとかを使って説明している番組をみた。
それをみて小学校の頃を思い出した。

小学校の頃、
第2次世界大戦については、かなり聞かされた。
小6の旅行は、沖縄へ学習旅行だったくらいだ。

私たちの2年前の人たちまでは広島に学習旅行だったが、
広島は戦争のあとがあまり残っていないということで、
一つ上の先輩たちから沖縄。

米軍の基地に行ったり、
沖縄戦の体験記をきいたり、、
がま(自然にできた鍾乳洞みたいなもの。
追い込まれて、集団自決したりしたところ。)
にいったりした。

がまには未だに死んだ人の入れ歯とか使っていたお皿
とかがある。私たちが行ったがまはかなり広くて
奥の方に行くと川も流れていた。
みんなで懐中電灯を消したら、
目をつぶるよりも暗い、真っ暗。
不思議な感じだった。
しーーーーーんとしていた。
怖いという感じはしなかったけど、、
胃のところがキューーっと絞めつけられるような感じ。
早くこの時間が終わって欲しいと思った。

沖縄戦の方が広島よりひどいとその頃思った。
沖縄は精神的にどんどん追い詰められて、、って思って。
だけど、広島も負けず劣らず、、ひどいと思った。
爆発後の地獄のような状況も、その後の 死への恐怖も。

戦争はものすごく恐ろしい。
戦争ってなんなんだろう??
本当になくせないの??
自分にできることってなんなんだろう??
っていろいろ考えてしまう。
posted by こまめ at 22:07| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | TV、ドラマ、マンガ、書籍、映画の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5697950

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。