2005年04月05日

海外ドラマ『フルハウス』 再放送今日から始まった☆

『フルハウス』何年か前観ていたけど、
最初の部分を知らなかったので、初回からの再放送うれしい(^^)
お母さんがいなくなって、パパと娘三人とおじさん二人の家族でくらしている
というお話。ドタバタコメディー。
むすめたちがませたこととか言ってかわいくて面白い^^

ミュージシャンのおじさんがかっこいいんだけど、、
だんだんハゲネタが多くなっていって、、ちょっと寂しい感じなんです。

一番下の女の子の役を双子がやっていたのは有名で、
その双子が主役でやっぱり海外ドラマやってましたよね。
その二人のDVD?があったので、、下にはってみました^^
おっきくなった。(今日放送では赤ちゃんで超かわいいー)

火曜日 19時から 教育テレビ で再放送

メアリー=ケイトアンドアシュレー ラブ in ローマ【DL-37606】 =>20%OFF!《発売日:05/01/21》メアリー=ケイトアンドアシュレー ラブ in ローマ【DL-37606】 =>20%OFF!《発売日:05/01/21》
2,383 円

メアリー=ケイトアンドシュレー ニューヨーク・ミニット 特別版【DL-28395】 =>20%OFF!《発...メアリー=ケイトアンドシュレー ニューヨーク・ミニット 特別版【DL-28395】 =>20%OFF!《発...
2,383 円

メアリー=ケイトアンドアシュレー パスポート to パリ【DL-36877】 =>20%OFF!《発売日:05/...メアリー=ケイトアンドアシュレー パスポート to パリ【DL-36877】 =>20%OFF!《発売日:05/...
2,383 円
posted by こまめ at 23:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | TV、ドラマ、マンガ、書籍、映画の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月30日

シャラポア(ワ?)効果?!『つけ乳首』売れてる?!

昨日は病院にいって、待ち時間がものすごく長かったので、
立ち読みしまくった。そこで、AERA?(大沢たかおが表紙の)を
読んでいたら、つけ乳首が売れてるって書かれていて面白くて真剣に
その記事を読んでしまった。

なんでもテニスプレイヤーで若くて(乳首のかたちがすごく
わかるような格好でテニスをしている)大人気の女性の影響で
つけ乳首がはやるんじゃないかって売り出したらしいけど、
(海外ではシャラポワ関係ないけど、モデルかなにかの影響で
すごく女性に売れたらしい)
実際日本では女性は興味をもたず、男性が買ってるようだという記事。

なんだか、管理職以上の男性が買ったりしてるらしい。
ストレス解消のためらしい。

大成功する芸能人って、マザコンの人が多い気がする。
つけ乳首を買う男の人もやっぱり成功してたり、これからする人が多いのかしら??
そのつけ乳首いったいどうつかうんだろう??
ちょっと、、、想像したくない。
やっぱりこれは女には理解できない、男のロマンなのだろうか??

*記事の内容、、はっきりしたことは覚えていないので
 詳しく知りたい方はAERA買ってください。

乳首くっきり!ニップルエンハンサー今話題の「つけ乳首」です!乳首くっきり!ニップルエンハンサー今話題の「つけ乳首」です!
1,200 円
posted by こまめ at 22:47| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | TV、ドラマ、マンガ、書籍、映画の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月26日

ダヴィンチコード? ビートたけしのスペシャル番組感想

Mona Lisa『ダヴィンチ ( Da vinci )』Mona Lisa『ダヴィンチ ( Da vinci )』
3,200 円

Mona Lisa『ダヴィンチ ( Da vinci )』Mona Lisa『ダヴィンチ ( Da vinci )』
2,200 円

レオナルド ダ ヴィンチ "LEONARDO"レオナルド ダ ヴィンチ "LEONARDO"
5,780 円

もう一枚のモナリザがあって、それが頼まれて描いた絵で、
ルーブルにあるモナリザは依頼とは別の目的で描かれたもの。
娼婦でキリストの死をみて、復活もみたというアグダラ(?)のマリヤが
キリストと深い関係があって、キリストの子供を産んだ。
そして、その秘密をモナリザに隠した?!
すごーーーい。

しかももう一枚のモナリザきれーーー。観てみたい!!

歴史をひもとくのは面白い。
簡単に単純に書かれた歴史の話が
奥深く、そしてそこに人間が一生懸命いきたあかしが
でてくるみたいで面白い。

このスペシャル番組かなり真剣にみてしまった。

ダヴィンチコードも読んでみたいと思った。





ダ・ヴィンチ・コード (上)

定価:¥ 1,890








ダ・ヴィンチ・コード (下)

定価:¥ 1,890


posted by こまめ at 23:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(3) | TV、ドラマ、マンガ、書籍、映画の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月23日

第二次世界大戦の映像 『NHK 映像の世紀』

小学校で、第二次世界大戦のことをずっと
教えられてきた。6年生のときの学習旅行は沖縄。
沖縄での地上戦の話をずいぶんきいた。
人骨がいまでものこっているガマの中にはいって、
ここで人が集団自決したという話をきいた。

そのせいか、なぜか第二次世界大戦のことをTVで
やっていると、、心が奪われてしまう。
怖いけど、、観なきゃっておもうのかもしれない。
夏の夜中NHKで『映像の世紀』の再放送をやっていた。
ものすごくリアルな映像は、、ゾッとするけど
なんだか、惹かれる。
広島の原爆の映像とかものすごい恐ろしい映像な
はずなんだとわかっているけど、、なんだか心に残る。
自分が駄目な人のような気がする。

どちらにしても、第二次大戦の悲劇は私たちが忘れた
繰り返される。忘れなくてもアメリカは戦争をしたがる。
なんか、、戦争はいやだ。
どんな理由をつけても、、戦争では人は人でなくなっていって、、
残酷なことがいっぱい起こる。
殺されるかもしれないっていう状況だから、、人格がおかしくなっても
当たり前なきさえする。
だから、やっぱり戦争自体おこしちゃいけないと思う。

映像の世紀 世界は地獄を見た
映像の世紀 ヒトラーの野望
映像の世紀 大量殺戮の完成
映像の世紀 民族の悲劇果てしなく
映像の世紀 それはマンハッタンから始まった
映像の世紀 JAPAN
映像の世紀 ベトナムの衝撃
映像の世紀 恐怖の中の平和
映像の世紀 独立の旗の下に
映像の世紀 勝者の世界分割
映像の世紀 20世紀の幕開け
各6,420 円

http://www.mujicajapan.co.jp/nhkdvdeizou2.htm
posted by こまめ at 23:06| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | TV、ドラマ、マンガ、書籍、映画の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月19日

フィギャースケート、、、ミキティー素敵☆かっこいい☆

今日はTV観たい番組が満載です!!
『天国の階段』『K1』(なんで角田復帰????)『フィギャースケート』
『ごくせん最終回』『さんまのからさわぎ』

で、とりあえず今感想書きたいのはフィギャースケート!!
みきてぃー(?)すごいです!!
昨日のショートプログラム観ました。
顔が派手だからか、遠くに映っていても表情がみえて
笑顔がキラキラしてて素敵でした。
しかも、スグリに比べるとスケートに流れがあって、
動きが大きく大胆な感じで、、みていて華やかでよかったです。
でも、、、ちょっと足がフラフラしてる印象があった。

残念だったのはそのあと、コーエンとかロシアの人とかが滑っているのを
みると、、レベルが完全に違う気がしたところ。
だけど、17歳(?)だからこれからですよね。
しかも、いままでのコーエンとかロシアの人とかとか
スケートのタイプが違う感じもした。
コーエンとかは体柔らかいし、、スーーーっと上品に
女の人が滑ってる感じ。
でも、ミキティーは細かいところとかを大事にするとか、
きれいにすべるっていうより、、本当に大胆!!
野性的??ばばばばばーーーってどうどうと男の人が
かっこよく滑ってる感じ!!

これからどうなるかすごく楽しみ!!
今日のフリーが楽しみ!!
posted by こまめ at 12:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | TV、ドラマ、マンガ、書籍、映画の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ライブドア ほりえもん、、(私のない頭で一生懸命考えてみた)

なんだか最近ニッポン放送とライブドアのニュースが話題になってる。
にしても、ほりえもん、、、すごい。
野球のときは楽天にすんなり負けたライブドアが、、
ニッポン放送株買い占めて、、フジテレビグループと対立??
そんなに大物だったんだ!?
いつも前を向いて、、走ってる感じの人なのかしら??

ライブドア、、旦那がDVDレンタルしてます。
前に私はライブドアのブログにお引越ししようとしてました。
でも、IDとパスワードわからなくなって、、、、作れない。
この間、、ライブドアのサイトでアバターやってて、
一生懸命無料の洋服などで人の形になったのに、、
パスワードわからず、、、どうにもならなかった。
結局ここでのサービスはパスワードがわからず、
使えないってことがわかって、使わないことにした(^^;;
旦那には「なんでわからなくなるんだ#」って怒られた。
まあ、、、いいじゃん。しょうがないじゃん。

そう、、話はもどるが、(私はどっちが正しいとか、どっちの味方とか
全然なかったんだけど)ほりえもんは裁判では負けるかと思いきや
外国の専門家の手を借りて勝ってしまった。
これからのことに関して、日本のジャーナリストたちはほりえもんに
否定的な感じの人が多いようにみえる。
(さっき見ていた番組がフジテレビだったからかもしれないが、、
まあ、テレビ局はみんな立場同じだからやっぱりフジテレビよりかもだけど)
でも、ほりえもんがどういう人であろうと、大した人でなかろうと、
「インターネットがTVを殺す」とか言っていようとも、、
結局バックに外国の専門家や投資家、、、などなどがついている限り
ほりえもんが勝ってしまう気がする。
で、、結局それはほりえもん自身の勝ちじゃなくて、、
外国のひとたちの勝ちなのかもしれない。

posted by こまめ at 12:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | TV、ドラマ、マンガ、書籍、映画の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月15日

ドラえもん新しい声優 決定☆

新しい人ついに決まってたんですね。
携帯で芸能ニュースサイトをいつもお昼休みにみてるのだが、、
そこで知りました。
ドラえもんの声は「あたしんち」とかで声優してる人と書いてあって、、
あたしんちは観たことがあったけど、、、あれで一体誰の声を??って
疑問だったけど、、いまだあちこちHPみても疑問は解けず。
しかも、調べてるうちに「忍たま」のしんべえの妹もやってることはわかったが、
それじゃあ、、全然、、わかんない。(><)

しかもジャイアンの声は14歳の男の子と書いてあったので、、
学校と仕事の両立大丈夫かしら??とかプロ意識はどうなんだろう??とか
いろいろ余計なお世話なことを考えてしまった。
にしても、下のページで写真をみたら、、「????このひと????
14歳にはみえない。この人なら大人として生きていけるわ」
と安心してしまった。

にしても、ドラえもんの声優がかわるのは子供の頃から聞き慣れた
声がきけなくなるということで、さびしいけど、
新しい声を聞くのは楽しみです☆

詳しくはここで(画像もあった)
posted by こまめ at 14:04| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | TV、ドラマ、マンガ、書籍、映画の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月08日

不機嫌なジーン

今回のドラマでは一番好き。
だけど、月9の中で下から数えたほうが早いくらい視聴率が悪いらしい。
確かにかわいい男の子が目白押しだった『ランチの女王』とかみたいでは
ないけど、、、でも、南原教授の人とかかなり演技上手だし、竹内結子も
かなり魅力的な演技だし、二人のシーンはドキドキしながらみている。
私の中では仔犬のワルツ以来のかなりのヒット!!
posted by こまめ at 14:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | TV、ドラマ、マンガ、書籍、映画の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月06日

彼氏と彼女の事情

彼氏と彼女の事情(18)
彼氏と彼女の事情(18)

なんだか、最初の数巻はつまらないかんじだったけど、、
けっこうはまるコミック。さすがに売れてるだけある。
彼氏にけっこう複雑で重い幼少期からのトラウマがあって、、
その話を中心に友情とか恋愛、家族愛を描いている。
花とゆめ系のマンガはあまり読んだことがなかったので、、
ちょっと複雑な話でびっくり。

最近『フルーツパスケット』も読んだ。こちらも似たような
幼少期のトラウマを克服していくような話。

どちらも、ちょっとキャラクターが現実離れしているけど、、
いろいろ考えさせられるし、、自分自身が十代後半や20代前半で
悩んだり、問題を乗り越えようとしたりしたこととダブって
ああ、こういうことだったのかなと自分の過去が客観的に
感じたりもして、不思議な感じでした。

高屋奈月『フルーツバスケット』キャラクターブック

漫画家 槇村さとるさんについて、、

昔、小学生の頃ふと『白のファルーカ』っていうマンガを
まとめ買いして読んで、、、すごく感動して、、
槇村さとるさんのマンガが好きになった。
その頃から、スペインとかアイススケートとか、、、
に憧れるようになった。

で、久しぶりに『恋のたまご』を読んでみた。
女の人が最初は卑屈だったり狭い世界しかみえてなかったり
なのが、、どんどん成長してかっこよくなる話。
最初のひくつな女の人の話のときは、、
自分の卑屈な部分を重ねてしまって、、
いやーーな気分で途中で読むのをやめてしまおうかと
思ったけど、、読み終わってみると、、
自分も少し成長した気になるし、人生勉強にすらなる
気がして、、びっくり。

ここ何年かは槇村さんの作品は説教くさい感じがして、
読んでなかったけど、、やっぱり、、いいかも。


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。